生き物・ペット

【ウーパールーパー】事故が発生してしまいました・・

どうも、生き物大好きなshunです。

我が家の生き物たちは相変わらず元気いっぱい!

・・・

なのですが、
タイトルにもありますように、ウーパーの多頭飼育水槽にて事故が発生してしまいました。。

尻尾の先が食われてます。
いわゆる共食い。

軽傷ですがショッキングでした😢

数ヶ月何の問題もなく多頭飼育出来ていたかと思われたのですが、突然の事故。

飼育・育成環境、状況を簡単に↓↓

○飼育水槽・60cmレギュラーサイズ

○個体サイズ・♀アルビノ15.6cm、♂リューシ15.6cm

○給餌・2.3日に1回
ひかりウーパールーパーの餌(配合飼料)の大粒を7.8粒位をメインに、たまにコオロギやら魚やら

○水温・常温飼育(昼・約25~28度、夜・20~25度)

○換水・週1で1/3、月1でフィルター掃除、水槽内のコケとりや、状況をみて換水

○その他・床材は田砂と大磯砂のミックス、フィルターは投げ込み式2発

こんな感じです。

ウーパーは共食いをする生き物と言われいます。

一般的には、
視力の弱いアルビノが見境なしに食らいつく為、共食いが起こりやすいと言われていますが、うちではアルビノがリューシにやられました。
共食いが起こる要因として、環境上の他に、個体の相性、個体の気性も関係してきそうですね。

それらによって、共食いしないケースもあるかもしれません。

というわけで、個別飼育に切り替えました。

しかしながら、
やっぱり多頭飼育の方が好きなんですよね~
重なりあったり、可愛いんですよ🎵
こちらのエゴなんですが・・・
でもそれを言い出すと、飼育自体がエゴですしね。
彼らのことを理解し、大切に可愛がって飼育することは、個人的には悪いことではないと思います。
調べもせずに飼って殺してしまったり、逃がしたりする人は論外。
勿論、終生飼育を行うことが前提の話です。
とはいえ、調べて、飼育環境を整えても死んでしまうことはあります。

話が逸れましたが、
再生能力に優れたウーパーなら、食われた尻尾を再生してくれることでしょう。

しかしどんくらいで再生するんだろう?

観察していきたいと思います❗

ではでは。

ABOUT ME
shun
音楽、生き物、キャンプ、自転車など。 好きをとことん突き詰めながら生活中。