日記

仕事に向き合う喜び

どーもこんばんは、kouです。

一応、飲食店で料理を作っております。

近日オープン予定の居酒屋に異動が決まり、
そこのフードメニューの監修を任されることとなりました。

まあ上に店長がいるので、
俺の仕事はメニュー案を出し、
原価、レシピ、オペレーションを提示し、
採用されたものはより洗練させるって感じ。

それなりの期間飲食やって、
フードを一品二品創作、ってのはちょこっとやってきたけども、
全面監修ってのは初。

市を代表する繁華街での出店。

去年の地震からこっち、
市内の飲食店は閉店続出の大不況。
弊社も例にもれず、苦戦中。

そんな中での出店。
正にここが分水嶺。
気負っちゃいないが、失敗するわけにはいかない。

言い訳しないですむよう、
ここひと月ほど、ずっと料理のことを考えて、
ひたすら試作、試食、試作、試食。

世の中は合理化がどんどん進み、
小手先のノウハウなんかはネットですぐに見つかる。

下積みの経験も全くない俺に出来るのは、
とにかく考えて、
とにかく調べて、
とにかく作って、
とにかく検証すること。

それをずっと続けていると、
塵も積もれば何とやら、
点と点が繋がり、線になる。
あの感じ、出てくるんですね。
真似事でしかなかったものが、少しずつ独自性を纏い始める。
…ような気がする。

合理と非合理の混在。
かっこつけて言うとそんなイメージでやってます。
提供時間は出来るだけ早く、
しかし拘れるだけ拘る、って感じか。
利益は押さえた上でね。

考えたメニューを試食してもらって、
反応がいいと、すげー嬉しい。

それに皆で盛り付けとか価格とか売り方とか考えて、
肉付けされていく。

そうして生み出された料理たちがもしお客様に気に入ってもらえて、
店の繁盛の要因になれたなら、こんなうれしいことはない。

能動的に仕事をする喜び、けっこう感じてます。

新しいテレキャス10万もするの買っちゃったんだけど、
そんなわけで全然触ってねーや。

今度紹介します。

ABOUT ME
kou
1986年生まれ。 飲食店勤務。 プラプラ生きてます。 スマブラSP始めました。