生き物・ペット

【海水魚】ウニはマスコットクリーナー

どうも、生き物大好きなshunです。

記したいことは毎日あり余っているけど、なかなかまとめれていない・・・

6月に割り出しをしたヘラクレスの幼虫たちのマット交換&成長具合だったり、

先日のレオパの脱皮レポートだったり、

デュビア繁殖の進捗状況だったり、

とまぁ、
色々あるのですが、上記した件はここでのご紹介程度で流したいと思います。

今回はタイトルにもあります、海水魚のお話🌊

7月の頭に海水水槽を立ち上げ、その後ハマクマノミを入れて一旦落ち着いてました🍵

漠然と他にも生体を入れたいなーとは思ってたんです。

コケとり部隊でマガキガイとか。
あとはハゼ系とか。

しかしなかなか決まらずにいたんですが、

それが本日、
ショップに遊びに行ったところ、そっこー導入する生体が決まり、仲間入りしました🎉

百聞は一見に・・・です。

コケとり&見た目がツボという理由のもと↓↓

パイプウニです🎵

インド洋から西太平洋のサンゴ礁に広く分布する、雑食性のウニです。
一般的なウニと違い、トゲが鋭くなく、名前の通りパイプのような形状になっています。
非常に独特で見入ってしまう、このビジュアルが堪らない⤴
このトゲでも身を守る役割は果たせているんだそうな。(へー)

水槽内では、コケの他に魚たちの残飯も食べてくれるマスコットクリーナー的存在。

しかしウニが入っただけで水槽の印象がだいぶ変わりましたよ。
水族館感が増しました✨

ウニって存在感があって面白い。

海水水槽にウニ、オススメです👍

ではでは。

ABOUT ME
shun
音楽、生き物、キャンプ、自転車など。 好きをとことん突き詰めながら生活中。