生き物・ペット

【昆虫】セアカフタマタの割り出しを行った結果・・・

どうも、生き物大好きなshunです。

本日は、
3週間程前にセットした、セアカフタマタクワガタの産卵セットの割り出しを行いました。

セットから3週間たった産卵木はこんな感じだったのです↓↓

どうです?

バリバリに産んでる感が出てますね。
‘こりゃ産んでるな,と確かな自信を胸に割り出しを行ったわけです。

♀がかじった後があるところを避け、慎重にマイナスドライバーを使用して産卵木を割っていきます。

すると、

おっ!

拡大↓↓

卵発見⤴

わかりますか?

これが卵です🐣

まぁ小さい小さい。

数ミリの世界やー🌏

最近はヘラクレスの卵しか見てなかったから、余計に小さく感じます。
大型カブトの卵はクワガタの倍近くデカいんですよ。

そしてこの後、
孵化したてと思われる幼虫も1頭見つかりました!!
(写真撮り忘れた💦)

ここでハプニング発生。

私用で出掛けなくてはならない時刻が迫っていたのを忘れていたのです。

という訳で、
半分程で割り出しを中断。

来週にマット交換もあるので、そこで残りの割り出しを行います。
産卵木1本の半分から、卵5.6個と、幼虫1頭をゲットしました。
まだ居そうな気配がするので楽しみです。

ご参考までに産卵セットの管理はこんな感じでした↓↓

・温度:昼は25~28度、夜は22~25度
・ペアリングの有無:ワイルド個体ではあったが、3.4日程産卵セットにて同居
・♀の取り出し:セット投入後1週間程で産卵木をかじった形跡あり、2週間後には更にかじった形跡が見られた為、2週間程で♀を取り出す
・マット:カブトマットの余りを使用、マット産みのセットではないので、発酵マットであれば特に拘らずに使用
・ケース:コバエシャッターの中サイズ
・産卵木:柔めのクヌギ材、1日加水後、1日天日干しした状態で使用
・備考:♂の気性が荒い種ではあるが、♂の顎縛り等は個人的には不自然である為、基本的に行わず、完全に性成熟しており、餌場+スペース等に十分な配慮を行うことで短期間の同居での自然なペアリングを図った

ざっくりですが、こんな感じで卵&幼虫を確保出来ました😊

因みに、
マンディブラリスは同じセットで産んだ形跡があまり無かったので、産卵木を変えて再度セットを組んでます。

どうなるかな~

ではでは。

ABOUT ME
shun
音楽、生き物、キャンプ、自転車など。 好きをとことん突き詰めながら生活中。