曲紹介(kou)

#0052 YUI 「LIFE」

イントロから良い。

泥だらけよ 馴染めない都会で
同じように笑えない うつむいて歩いたの
急ぎ足で すれ違う人たち
「夢は叶いましたか?」 アタシまだモガいてる

子供の頃に戻るよりも 今をうまく生きてみたいよ
怖がりは 生まれつき

陽のあたる場所に出て 両手を広げてみたなら
あの空 越えてゆけるかな? なんて思ったんだ

飛び立つ為の翼 それは まだ見えない
カンタンに 行かないから 生きてゆける

濡れた子犬 拾いあげただけで
ちょっと笑えちゃうほど 涙がこぼれてきた
愛されたい 愛されたいばかり
アタシ言っていたよね 求めるだけじゃダメね

子供の頃はママの事 ひどく傷つけた日もあったよね
変わりたい いま全部

陽のあたる場所に出て この手を強く握ってみた
あの場所 あの時を壊して I can change my life

でも 心の中 すべてを とても伝えきれない
カンタンに 行かないから 生きてゆける

陽のあたる場所に出て 地図を広げてみるけど
I know… You know… 迷い道も仕方ない
I can change my life

過ぎてきた日々全部で 今のあたしなんだよ
カンタンに 行かないから 生きてゆける

YUIが18くらいのころの名曲。

愛されたい 愛されたいばかり
アタシ言っていたよね

とか、

変わりたい いま全部

とか、年相応な表現もある一方で、

カンタンに 行かないから 生きてゆける

と、哲学的な表現もある。
そのギャップが魅力的でちぐはぐじゃないのは、
夢を叶えようと、行動を起こしているから。
行動しているってことは、
そこらの人たちよりも、挫折、成長の経験がある。
だから重みがある、真に迫るものがある。
借りた言葉って感じがしない。

自分の幼さや、
上手くいかない現状にもがきつつ、
前を向く。
強いよなあ。
行動出来ないまま30年を過ごした俺には眩しい。

過ぎてきた日々全部で 今のあたしなんだよ

これはありふれた歌詞のようでいて、
後年スガシカオも、名曲「Progress」で、

ぼくが歩いてきた日々と道のりを
ほんとは”ジブン”っていうらしい

と書いている。
似てるとかパクリとか、そんな次元の話じゃない。
本質的に大事なことは、時を超えて形を変えて、
廻っていく。
奇をてらった言葉は、その場限り。

マジで名曲。
あと声がかわいい。

ABOUT ME
kou
1986年生まれ。 飲食店勤務。 プラプラ生きてます。 スマブラSP始めました。